楽天モバイルの2回線目はどうやって契約する?2回線目でお得に適用出来るキャンペーンも紹介します

楽天モバイルの2回線目はどうやって契約する?2回線目でお得に適用出来るキャンペーンも紹介します

スマホを安く契約できる昨今では、2回線以上の契約を考えている人は珍しくありません。

複数スマホを所持したい人の中で、今特に注目されているキャリアが楽天モバイル。

月額料金の安さ、縛りなし契約の自由さなどでサブ端末としても楽天モバイルは人気です。

この記事では、楽天モバイルを既に1つ契約している人や、サブ回線として2台目を楽天モバイルにしようと思っている人に向けて、2回線目の楽天モバイル契約について詳しく解説していきます。

この記事を読むと、主に以下のことがわかります。

  • 2回線目も楽天モバイルにして2台持ちするメリット
  • 2回線目で月額料金や適用可能キャンペーン等は変わるのか
  • 2回線目の契約方法や手順
  • 2回線目の楽天モバイルを有効活用する方法

また結局のところ、2回線目に楽天モバイルを選ぶことはお得なのかどうなのかハッキリわかる記事になっていますので、ぜひ最後までお読みください。

楽天モバイルをお得に契約するならココから!
  1. 国内通話は月額1,110円で10分かけ放題プランアリ!
  2. 国内通話かけ放題「Rakuten Link」の用意もアリ!
  3. お得な乗り換えキャンペーンも豊富!
\ 基本料金0円で使えるのは2022年6月末まで! /

楽天モバイル公式サイトはこちら

目次

楽天モバイルは複数回線の契約ができる

まず楽天モバイルは、複数の回線を契約することが可能です。

楽天IDと紐付く契約となっており、1つの楽天IDで最大5回線まで契約できます。

また、楽天IDの登録においてクレジットカードは5つまで、銀行口座での登録は2つまでとなっています。

  • クレジットカードは最大5つの楽天ID
    →回線契約は最大25回線まで可能
  • 銀行口座は最大2つの楽天ID
    →回線契約は最大10回線まで可能

さすがに25回線まで契約する人は団体や企業に勤める人たちだと思いますが、個人でも多くの回線を契約できることがわかりました。

複数の回線を契約中に1回線目を解約した時は次に古い回線を「1回線目扱い」にする

複数の回線を契約中に1回線目を解約すると、1回線目に適用されていたキャンペーンやプラン内容が外れてしまうのか、不安に思う人もいるでしょう。

安心してください。1回線目を解約すると次に古い回線が1回線目として扱われるので、キャンペーンやプラン料金はそのまま「新たな1回線目」に引き継がれます。

そのため1回線目にしか適用されない「0〜1GBで月額料金無料」というプランなどは、消えずにそのまま継続されるので、いきなり月額料金が高くなるといった心配はありません。

\ 基本料金0円で使えるのは2022年6月末まで! /

楽天モバイル公式サイトはこちら

2回線目を楽天モバイルにするメリット

そもそも楽天モバイルを契約してスマホを2台持つメリットはあるのでしょうか。

なんとなく契約を考えているけれど実際どんなメリットがあるのか実はよく知らないという人は多いかもしれません。

実は2回線目に楽天モバイルを持つと、以下のようなメリットがあります。

  • 格安でサブ端末として使える
  • 通話料金の節約になる
  • 0円で2つ目の電話番号が手に入る

0円もしくは格安料金でサブ端末として使える

連絡手段用とゲーム用、リアルとネット生活用などでスマホを使い分けたいというのは今の時代よくあることですよね。

そこで、サブ端末の購入を考えますが、2つ目のスマホが欲しいといっても大手キャリアの場合、1回線自体の月額料金が高いので2回線の契約ではトータルの料金が高額になります。

しかし、楽天モバイルの場合はどれだけ高くても3,278円以内。2回線契約しても6,556円です。

サブ端末なら楽天モバイルといっても過言ではないほど、2つ目のスマホが格安で使えるのが大きなメリットといえるでしょう。

また、楽天モバイルはモバイル回線1GB未満であれば月額料金は0円。上手に使えば1回線分の料金のみで2回線使うことだって可能です。

通話料金の節約になる

「メインで使っているキャリアは電話料金が高いから、使いにくい・・・」などでお悩みの人には、特に楽天モバイルがおすすめといえます。

楽天モバイルの公式通話アプリ「Rakuten Linkアプリ」を使うと国内外の通話が無料になります。

Rakuten Linkアプリ同士はもちろん、相手が別のキャリアでもRakuten Linkアプリなら通話料金が一切かかりません。

楽天モバイルを通話専用として使うことで、通話料金の大幅な節約になります。

0円で2つ目の電話番号が手に入る

前述したように、楽天モバイルはモバイル通信を1GB未満に抑えることで、月額料金を0円にできます。

0円で電話番号を取得
楽天モバイルに契約して2つめの電話番号を取得、あとはデータ通信をWi-Fi接続だけにしておけば、0円で電話番号を取得できたことと同じになります。
大手キャリアでも2つの電話番号が使える「マルチナンバーオプション」がありますが、どれも別途料金がかかるので、なんとなく手が出しづらいです。

電話番号登録が必須となるサイトの登録を分けたいなどといった目的がある人にとって、楽天モバイルは最も都合の良いキャリアだといえるでしょう。

\ 基本料金0円で使えるのは2022年6月末まで! /

楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル2回線目の契約は何が変わる?

1回線目の契約と2回線目の契約では、具体的に何が変わり、利用においてどのような違いがあるのか気になることでしょう。

2回線目では主に以下2つのことが、1回線目の契約から変わってしまいます。

  • 「データ通信1GB未満で月額料金0円」が適用されない
  • ポイント還元特典や端末割引キャンペーンが適用されない

「データ通信1GB未満で月額料金0円」が適用されない

楽天モバイル1回線目と2回線目は、「Rakuten UN-LIMIT VI」の料金が一部変わります。

1回線目は月のデータ使用量が1GB未満の場合の料金は0円。

しかし、2回線目からは月のデータ使用量が1GB未満でも、月額1,078円かかるようになります。

1回線目2回線目
0~1GB未満0円1,078円
1~3GB未満1,078円1,078円
3~20GB未満2,178円2,178円
20GB~3,278円3,278円

つまり、2回線目の契約では月のデータ使用量を1GB未満に抑えても「1,078円」かかるため、0円での運用ができなくなるということです。

ですが、別の名義で契約すれば1回線目と同じ扱いの契約になるので、どうしても2回線目も0円で使いたいという人は、自分以外の家族名義で契約するのもアリでしょう。

請求先をひとつにまとめることもできるので、名義を借りた際には全て自分に請求されるよう設定しておくことが大切です。

ポイント還元特典や端末割引キャンペーンが適用されない

楽天モバイルは日々多くのキャンペーンが実施されており、ほぼ毎月お得に楽天モバイルを契約できるようになっています。

例えば「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン3ヶ月無料キャンペーンや楽天ポイント還元キャンペーンなど。

これらのキャンペーンが適用されるのは「初回申し込みの人」という条件があり、楽天モバイル1回線目の人のみがキャンペーンの恩恵を受けられます。

なので、楽天モバイルの2回線目を1回線目と同一名義で契約する場合、「初回申し込み」ではなくなるため、キャンペーン適用外となります。

一般的な考えとしては、同じ人が何度も初回キャンペーンを受けるのはおかしいので、当然だと思う人がほとんどですので、そこまで残念なことではありません。

\ 基本料金0円で使えるのは2022年6月末まで! /

楽天モバイル公式サイトはこちら

同一名義の楽天モバイル2回線目で適用できるキャンペーン

楽天モバイルの2回線目が同一名義の場合、適用できるキャンペーンはほぼありません。

基本的にスマホなどのキャンペーンというのは初回契約のみの適用が通常ですので、2回線目も同じ割引を受けられることはあまりありません。

ただし、回線数関係なく「楽天モバイルに契約している」というだけで受けられるキャンペーンもあります。

支払い金額の10%分の楽天ポイント還元キャンペーン

楽天回線に対応しているAndroid製品を利用している人は、Google Playストアで支払いされた金額(税込)の10%分の楽天ポイントが還元されるキャンペーンが適用できます。

例えば、1回線目の契約においてアプリ購入や課金をGoogle playで決済しているという場合、2回線目は楽天モバイルキャリア決済にすることでこのキャンペーンを受けられます。

ゲームなどでよく課金する人にとって、10%もポイント還元されるのはかなりお得感が高いです。

1万円使ったら1000円戻ってくることと同じで、いつの間にか楽天ポイントが溜まっているという状況を作ることができます。

楽天ポイント自体は課金などには使えませんが、楽天市場などで利用できるので普段の買い物もお得になります。

楽天SPU(スーパーポイントアップ)

楽天モバイルの契約中は楽天市場での買い物にポイント+1倍される、ポイントアップキャンペーンです。

毎月5000ポイントが上限の期間限定ポイントではありますが、楽天のサービスをメインで使っている人にとっては嬉しい特典です。

もちろん楽天モバイルを契約している人というのが条件なので、2回線目でも適用可能です。

\ 基本料金0円で使えるのは2022年6月末まで! /

楽天モバイル公式サイトはこちら

別名義の楽天モバイル2回線目で適用できるキャンペーン

楽天モバイルを別名義で2回線目の契約をしたケースでは実質1回線目と同じ扱いになるので、1回線目と同じようなキャンペーンを適用できます。

契約名義初回の申し込みで楽天ポイントが誰でも5,000ポイント還元

楽天モバイルを初めて申し込むと楽天ポイントが5,000ポイントもらえるキャンペーンが終了日未定で開催中です。

楽天モバイルは「Rakuten UN-LIMIT VI」のみのワンプランなので、新規でも乗り換えでもこのプランに申し込む形となり、プラン変更、他社からの乗り換え、新規申し込みの全てが
「初めての申し込み」という扱いになりキャンペーンが適用されます。

キャンペーン適用での注意点として、ポイント付与日を含めた6カ月の期間限定ポイントということと、「Rakuten Link」で10秒以上通話で使用することが挙げられます。

期間限定ポイントは有効期限までが長いとつい忘れがちなので、忘れないうちに楽天市場などで早めに使いましょう。

ちなみに、ポイントがもらえたかどうかの確認は「楽天ポイント実績」から確認できます。

キャンペーン詳細
【キャンペーン期間】
2020年12月8日(火)9:00~常時開催

【適用条件】
①「Rakuten UN-LIMIT VI」の申し込み(新規・他社から乗り換え(MNP)・楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランからプラン変更(移行)手続き後、お申し込み)
②「Rakuten UN-LIMIT VI」申し込みの翌月末日の23:59までにプラン利用開始と、「Rakuten Link」の利用

【ポイント付与日】
「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン「Rakuten Link」の利用が確認された月の翌々月末日ごろにポイントが付与されます。

【ポイント有効期限】
ポイント付与日を含めて6カ月

キャンペーンをもっと知りたい方はこちら→

「10分(標準)通話かけ放題」の初回申し込みと利用で5,000ポイント還元

月額1,100円の「10分(標準)通話かけ放題」オプションに申し込んで利用すると、5,000ポイントもらえるキャンペーンです。

5ヶ月連続で1,000ポイントずつ付与されていく形式で、最大5,000ポイント貰うためには5ヶ月間のオプション契約が必要となります。

つまり、オプション料金は1,100円/月、毎月1,000ポイント付与ということは、実質月々100円で10分(標準)通話かけ放題オプションが利用できるということです。

また、このオプションに申し込み&契約した回線で、申し込みの翌月末日23:59までにOS標準の電話アプリを利用し10秒以上の音声通話をすることが条件となります。

「Rakuten Link」アプリなどの通話でなく、OS標準の電話アプリを使うということはしっかりと把握しておきたいポイントです。

キャンペーン詳細
【キャンペーン期間】
2022年4月1日(金)0:00~2022年5月11日(水)8:59

【適用条件】
①「10分(標準)通話かけ放題」オプションに申し込み(初回)
②「10分(標準)通話かけ放題」オプションが適用されている回線で、申し込み翌月末日23:59までにOS標準の電話アプリを利用し10秒以上の音声通話

【ポイント付与日】
「10分(標準)通話かけ放題」オプション契約確認月の翌々月末日ごろに付与されます。

【ポイント有効期限】
ポイント付与日を含めて6カ月

キャンペーンをもっと知りたい方はこちら→

「iPhoneアップグレードプログラム」適用で5,000ポイント還元

iPhone購入時に「iPhoneアップグレードプログラム」適用で5,000ポイント還元されるキャンペーンです。

iPhoneアップグレードプログラムとは
48回払いでiPhoneを購入した際に、半分の24回分まで払ったタイミングでいつでも最新のiPhoneに機種変更できるというプログラムです。実質半分の24回分の支払いだけで済むお得なプログラムです。(古い端末は返却が必要)

ずっとiPhoneを使い続ける人にとってはお得感のあるプログラムです。

ただし、言い換えればずっと楽天モバイルのiPhone契約に縛られるということでもあるので、楽天モバイルとiPhoneをこの先変えずに使い続ける意志があるかを契約前に自問自答しておきましょう。

キャンペーン詳細
【キャンペーン期間】
2021年12月17日(金)9:00~終了日未定

【適用条件】
以下の対象製品(iPhoneシリーズ)のどれかを「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」を適用して購入 
iPhone 13 Pro Max
iPhone 13 Pro
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第3世代)

【ポイント付与日】
製品購入月の翌々月末日頃に付与されます。

【ポイント有効期限】
ポイント付与日を含めて6カ月

キャンペーンをもっと知りたい方はこちら→

iPhone13全機種ポイント還元キャンペーン

他社からの乗り換え、または新規契約の申し込みで10,000もしくは20,000ポイント還元されるキャンペーンです。

還元されるポイントはそれぞれ、以下のようになっています。

他社からの乗り換え20,000ポイント
新規の申し込み・※プラン変更10,000ポイント

※楽天モバイルのパートナー回線プランから「Rakuten UN-LIMIT VI」へのプラン変更

楽天モバイルの戦略でしょうか、新規契約は乗り換えと比べて、もらえるポイントが半分低いという点が特徴です。

それでも、20,000ポイントは大きいので、特にキャリアのこだわりがない人は楽天モバイルに乗り換えるとお得さを大きく感じられるかもしれません。

キャンペーン詳細
【キャンペーン期間】
2022年4月1日(金) 0:00~5月11日(水) 8:59

【適用条件】
①「Rakuten UN-LIMIT VI」の申し込み(新規・他社から乗り換え(MNP)・楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランからプラン変更(移行)手続き後、お申し込み)
②「Rakuten UN-LIMIT VI」お申し込み日と同日に iPhone 13シリーズを購入
③「Rakuten UN-LIMIT VI」プランと「Rakuten Link」の利用開始

【ポイント付与日】
「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン「Rakuten Link」の利用が確認された月の翌々月末日ごろにポイントが付与されます。

【ポイント有効期限】
ポイント付与日を含めて6カ月

キャンペーンをもっと知りたい方はこちら→

他社から乗り換え(MNP)でiPhone SE(第3世代)購入すると最大25.000ポイント還元

他社からの乗り換え(MNP)で「Rakuten UN-LIMIT VI」に申し込み、MNPでのiPhone SE(第3世代)の購入で20,000ポイントもらえるキャンペーンです。

また、同時に楽天回線への乗り換えによって5,000ポイントがもらえます。

他キャンペーンと併用するとiPhone SE(第3世代)が実質32,800円で購入出来ます。

キャンペーン詳細
【キャンペーン期間】
2022年4月1日(金) 0:00~5月11日(水) 8:59

【適用条件】
①他社からの乗り換え(MNP)でお申し込み
②「Rakuten UN-LIMIT VI」お申し込み日と同日にiPhone SE(第3世代)シリーズを購入
③製品到着※または店頭で購入した日の翌月末日23:59までに「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン利用開始
④製品到着※または店頭で購入した日の翌月末日23:59までに「Rakuten Link」のご利用

【ポイント付与日】
「Rakuten Link」の利用が確認された月の翌々月末日ごろにポイントが付与されます。

【ポイント有効期限】
ポイント付与日を含めて6カ月

【併用可能キャンペーン】
・「だれでも5,000ポイントプレゼントキャンペーン」

キャンペーンをもっと知りたい方はこちら→

スマホそのまま他社から乗り換え(MNP)で15,000ポイントプレゼント

他社からの乗り換え(MNP)で「Rakuten UN-LIMIT VI」に申し込みをすると「だれでも5,000ポイントプレゼントキャンペーン」に加えて、15,000ポイントがもらえます。

このキャンペーンはSIMだけ乗り換え特典と言えばわかりやすいですね。楽天モバイル間でのプラン変更などは対象外となります。

楽天回線の端末に乗り換えたSIMを挿入、その端末で「Rakuten Link」を使い、発信で10秒以上通話することで、キャンペーンが適用されます。

キャンペーン詳細
【キャンペーン期間】
2022年4月1日(金) 0:00~5月11日(水) 8:59

【適用条件】
①他社からの乗り換え(MNP)でお申し込み
②所有の楽天回線対応製品を利用し「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン利用開始
③所有の楽天回線対応製品を利用し「Rakuten Link」プラン利用開始

【ポイント付与日】
「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン「Rakuten Link」の利用が確認された月の翌々月末日ごろにポイントが付与されます。

【ポイント有効期限】
ポイント付与日を含めて6カ月

【併用可能キャンペーン】
・「だれでも5,000ポイントプレゼントキャンペーン」
・「10分(標準)通話かけ放題初回申し込みで5,000ポイント還元キャンペーン」
→最大25,000ポイント獲得

キャンペーンをもっと知りたい方はこちら→

Androidスマホ購入とセットで契約すると最大20,000円割引+10,000ポイント還元

対象のAndroidスマホの購入とセットで契約すると、最大20,000円の値引き(Android製品価格から)と10,000円相当の楽天ポイントが還元されるキャンペーンです。

サブ端末としてAndroidが欲しい、楽天モバイルのAndroidに乗り換えたいといった人におすすめのキャンペーンです。

ただ、このキャンペーンには注意点があり、Androidの機種や契約内容によって割引額が違います。

また、機種によっては「乗り換えの場合のみ割引適用」というものもあるので、割引額や適用条件をよく確認し、納得の上で、セット契約を進めましょう。

20,000円値引き対象機種
新規契約/MNP乗り換えRakuten Hand 5G
Rakuten BIG s
OPPO A55s 5G
OPPO Reno5 A
MNP乗り換えのみXperia 10 Ⅲ Lite
15,000円値引き対象機種
新規契約/MNP乗り換えAQUOS sense6
MNP乗り換えのみAQUOS wish
AQUOS zero6
7,980円値引き対象機種
新規契約/MNP乗り換えRkuten Hand
キャンペーン詳細
【キャンペーン期間】
2022年4月1日(金) 0:00~5月11日(水) 8:59

【適用条件】
①「Rakuten UN-LIMIT VI」の申し込み(新規・他社から乗り換え(MNP)・楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランからプラン変更(移行)手続き後、お申し込み)
②「Rakuten UN-LIMIT VI」申し込みと同時に以下の対象製品(Android端末)のどれかを購入 
Rakuten Hand 5G
Rakuten Hand
Rakuten BIGs
AQUOS wish
AQUOS sense6
AQUOS zero6
OPPO A55s 5G
OPPO Reno5 A
Xperia 10 III Lite

【ポイント付与日】
キャンペーン適用の条件達成が確認された月の翌々月末日ごろにポイントが付与されます。(10,000ポイント)

【ポイント有効期限】
ポイント付与日を含めて6カ月

【併用可能キャンペーン】
・「だれでも5,000ポイントプレゼントキャンペーン」
・「10分(標準)通話かけ放題初回申し込みで5,000ポイント還元キャンペーン」
→最大25,000ポイント獲得

キャンペーンをもっと知りたい方はこちら→

\ 基本料金0円で使えるのは2022年6月末まで! /

楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル2回線目を契約する前に準備するもの

楽天モバイル2回線目を契約したいと思った方は、契約する準備に入りましょう。

楽天モバイル2回線目を契約するには、以下のものを事前に準備しておくとスムーズに契約できます。

  • 本人確認書類
  • 楽天会員ユーザーID・パスワード
  • 銀行口座・クレジットカード
  • MNP予約番号(他社から乗り換える場合)

本人確認書類

楽天モバイル2回線目を申し込むときには、ショップ(店舗)とWebどちらからの申し込みでも、本人確認書類が必要です。

本人確認書類として使えるものは以下のとおりです。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 身体障がい者手帳(補助書類が必要)/li>
  • 健康保険証(補助書類が必要)
  • 日本国パスポート(補助書類が必要)
  • 住民基本台帳カード(補助書類が必要)
  • 在留カード(外国籍の場合)
  • 特別永住者証明書(外国籍の場合)

※ショップ(店舗)で楽天モバイルを申し込むときは、本人確認書類の原本を持っていきましょう。

補助書類として使えるものは以下のとおりです。

  • 公共料金の請求書・領収書(電気・ガス・水道)
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書

※補助書類は発行から3ヶ月以内で、氏名や住所が申し込み者と同じ内容である必要があります。

公共料金の請求書・領収書は、インターネットから印刷したものは受け付けていません。

楽天でんきの請求書はWeb明細であるため、受け付けてもらえないため、注意しましょう。

楽天会員ユーザーID・パスワード

楽天モバイル2回線目を別名義で申し込むとき、名義者の楽天会員のユーザーIDとパスワードを準備しましょう。

※楽天会員に登録したプロフィールの内容と、楽天モバイル2回線目の登録情報が一致していないと契約できません。

楽天会員のアカウントは、楽天市場や楽天ポイントを利用するときにも利用するので事前に作っておくと、何かと便利です。

銀行口座・クレジットカード

楽天モバイルの支払い方法は、クレジットカードとデビットカード、銀行口座から選べます。

楽天モバイルの支払いで利用できるクレジットカードは以下のものです。

  • 楽天カード
  • VISA
  • master card
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

楽天モバイルの支払いで利用できるデビットカードは以下のものです。

  • 楽天デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード

楽天モバイルの支払いで利用できる銀行口座は以下のものです。

  • 楽天銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ソニー銀行
  • 住信SBI銀行
  • セブン銀行
  • auじぶん銀行
  • イオン銀行
  • 新生銀行
  • PayPay銀行
  • GMO青空ネット銀行
  • あおぞら銀行
  • 信用銀行
  • など

銀行口座を2回線目の支払い方法にすると、銀行口座は三菱UFJファクター株式会社の「ネット口座振替受付サービス」に対応している銀行口座になります。

※ただし、ゆうちょ銀行は、「ゆうちょ銀行(Web受付方式)を利用することになります。

楽天カードでの支払いを選択すると楽天ポイントをお得に貯められるので、おすすめです。

MNP予約番号

他社からの乗り換えで、そのまま電話番号を使いたい方は、MNP予約番号を入手する必要があります。

現在契約しているキャリアに店舗や電話、マイページなどから申し込むとMNP予約番号を入手できます。

MNP予約番号を取得しようとすると、解約を引き止められることもあるため、その際はきっぱりと断りましょう。

※MNP予約番号の有効期限は、MNP予約番号を取得した日を含めて15日間です。

MNP予約番号を入手したら、早めに楽天モバイル2回線目を申し込みましょう。

SIMのみ申し込む場合は対応端末を確認

既に持っている端末や、中古で購入した端末などを利用し、楽天モバイルのSIMのみ申し込む方は、利用しようとしている端末が楽天モバイルに対応しているか確認しましょう。

楽天回線に対応しているかどうか、楽天モバイル公式サイトからチェックできます。

\ 基本料金0円で使えるのは2022年6月末まで! /

楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルの2回線目を申し込む方法と手順

楽天モバイル2回線目の契約の準備ができたら、いよいよ契約の申し込みです。

楽天モバイル2回線目は、以下の場所で契約できます。

  • オンライン
  • ショップ(店舗)
  • リスト3

オンライン申し込みは、場所や時間を選ばずどこでも申し込みできるため、早く契約したい人にとってはおすすめの契約方法です。

オンラインでの申し込み手順

楽天モバイル2回線目をオンラインで申し込む際、「回線のみ契約する場合」と「回線と同時に端末を購入する場合」で申し込み手順が異なります。

それぞれの申し込み方法を、申し込み画面の画像と一緒に解説します。

申し込みが完了したら、手元にSIMや端末が届くのを待つだけです。

申し込みが完了したかどうかを確認したいときは、「my 楽天モバイル」から申し込み履歴を確認できます。

回線のみ契約する場合

STEP.1
楽天モバイルのHPから画面右上の「お申込み」をタッチする
楽天モバイル
STEP.2
Rakuten UN-LIMIT Ⅵの「プランを選択する」ををタッチする
楽天モバイル
STEP.3
オプションサービスを選ぶ(必要なものがあれば)
楽天モバイル楽天モバイル
STEP.4
SIMタイプを選ぶ
楽天モバイル
※eSIMとは、元からスマホに内蔵されているSIMのこと。
スマホの設定画面から、eSIM対応機種かどうか確認できます。
STEP.5
「この内容で申し込む」をタッチする
楽天モバイル
STEP.6
楽天会員にログインする
楽天モバイル
STEP.7
契約者情報を入力・確認する
楽天モバイル
STEP.8
本人確認書類を撮影しアップロードする
楽天モバイル
STEP.9
「他社から乗り換え(MNP)」「選べる電話番号サービス」「新規電話番号を取得」から該当するものを選ぶ
楽天モバイル
STEP.10
配送先と支払い方法を選ぶ(iPhoneアップグレードプログラムを利用したい人は楽天カードを選ぶ)
STEP.11
申し込み内容を確認する
STEP.12
申し込み完了

回線と同時に端末を購入する場合

楽天モバイル2回線目を契約するとき、回線と同時に端末を購入する方の申し込み手順は以下のとおりです。

STEP.1
楽天モバイルのHPから画面右上の「お申込み」をタッチする
楽天モバイル
STEP.2
Rakuten UN-LIMIT Ⅵの「プランを選択する」ををタッチする
楽天モバイル
STEP.3
オプションサービスを選ぶ(必要なものがあれば)
楽天モバイル楽天モバイル
STEP.4
SIMタイプを選ぶ
楽天モバイル
※eSIMとは、元からスマホに内蔵されているSIMのこと。
スマホの設定画面から、eSIM対応機種かどうか確認できます。
STEP.5
「製品選択へ進む」をタッチする
楽天モバイル
STEP.6
購入したい端末の「製品を選ぶ」をタッチする
楽天モバイル楽天モバイル楽天モバイル
STEP.7
端末の色やメモリ容量、支払い回数を選ぶ
楽天モバイル
STEP.8
「予約注文する」をタッチする
楽天モバイル
STEP.9
「この内容で申し込む」をタッチする
楽天モバイル
STEP.10
楽天会員にログインする
楽天モバイル
STEP.11
契約者情報を入力・確認する
楽天モバイル
STEP.12
本人確認書類を撮影しアップロードする
楽天モバイル
STEP.13
「他社から乗り換え(MNP)」「選べる電話番号サービス」「新規電話番号を取得」から該当するものを選ぶ
楽天モバイル
STEP.14
配送先と支払い方法を選ぶ(iPhoneアップグレードプログラムを利用したい人は楽天カードを選ぶ)
STEP.15
申し込み内容を確認する
STEP.16
申し込み完了

申し込み時に本人確認をスキップした場合

本人確認書類をスマホで撮影してアップロードするのが「めんどくさい」方もいますよね。

Webで楽天モバイル2回線目を申し込むときに、「受け取り時に自宅で確認」を選択すると、本人確認をスキップすることもできます。
楽天モバイル

本人確認をスキップし、商品を受け取るときに配達員に本人確認書類を提示する方法です。

以下の本人確認書類のうち1つを配達員に提示してください。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 日本国パスポート(補助書類が必要)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

※日本国パスポートを提示する場合、以下のうち1つ補助書類が必要です。

  • 公共料金の領収書
  • 納税証明書
  • 社会保険料の領収書

※補助書類は発行から3ヶ月以内のもので、氏名と住所が申し込み内容と一致しているものを提示してください。

ショップ(店舗)での申し込み手順

オンラインでの申し込みが不安な方には、ショップ(店舗)での申し込みができます。

ショップ(店舗)で楽天モバイルの2回線目を申し込むときは、来店予約をすると待ち時間無く、スムーズに申し込みできます。

以下のものを用意してショップ(店舗)に行きましょう。

  • 本人確認書類(原本)
  • 銀行口座情報・クレジットカード・デビットカード
  • 楽天会員のユーザーIDとパスワード
  • MNP予約番号(他社からの乗り換えの場合)

ショップ(店舗)での契約は、手数料がかからず、その場でスマホを開通させてすぐに利用できるようになります。

また、初期設定を自分でしたくない方は、スタッフが初期設定をしてくれるため、ショップ(店舗)での申し込みがおすすめです。

\ 基本料金0円で使えるのは2022年6月末まで! /

楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルの2回線目を有効活用する方法

実際に楽天モバイルを2回線持つことで、どのように有効活用できるのか気になる人はいるかと思います。

スマホを2回線契約することにおいて最も着目するべきは、電話番号が2つ持てること。

この項目では、2つの電話番号を持つことで可能になる活用方法をいくつか紹介します。

複数LINEアカウントを持てる

今や知らない人はいないであろうチャットアプリLINEは、セキュリティ等の観点から1つの電話番号で1つのアカウントしか登録できません。

インターネットやSNSでの繋がりが普通になった現代では、LINEをリアル側とネット側で使い分けたい人は少なくありません。

そこで、楽天モバイルの出番です。

他キャリアでは2つ目の電話番号を取得するためだけに契約するのはコスパが悪いですが、楽天モバイルなら電話番号が欲しいというだけであれば最低限0円~1,078円で契約可能なので、低コストで電話番号が取得できます。

LINEの使い分けをしたいと思う人は楽天モバイルをまず候補にいれてもよいでしょう。

月額最安0円!楽天モバイルの詳細はコチラ→

登録や友達紹介などで得られるクーポンの再取得ができる

電話番号を2つ持つことができれば、登録や友達紹介などで得られるお得なクーポンを自分一人で再取得できます。

電話番号で登録者個人を識別しているサービスでは、番号が違えば別の登録者として認識されます。

考え方は単純で、電話番号で別個人と認識されることを上手く利用し、新たに契約した2回線目の楽天モバイルでお得なクーポンなどを取得するといった活用もできちゃいます。

ポイ活やクーポン好きの人は楽天モバイルの活用も視野に入れてみるのもいいかもしれません。

子供用の端末として安心かつ格安で利用できる

子どもに持たせるスマホはなるべく安いのがいい、スマホを使い始めるための勉強としての一台がほしいなどの場合も楽天モバイルはおすすめです。

まずなにより、価格の安さは言うまでもなく、子供が安全にインターネットを利用するためのサービス「あんしんコントロール by i-フィルター」が楽天モバイルにはあります。

あんしんコントロール by i-フィルターとは
Webフィルタリング機能、見守り機能、アプリフィルタリング機能など、子供に有害なものを使わせない・見せないを自由にコントロールできるサービスです。月々330円で高精度のセキュリティ、フィルタリングにより子供の安全を守ります。

もちろん2回線目の契約端末にも適用できるオプションサービスです。

\ 基本料金0円で使えるのは2022年6月末まで! /

楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル2回線目の契約についてよくある質問

楽天モバイル2回線目の契約において、よくある質問をこの項目では端的に回答しているので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 同一名義で2回線目以降は最大何台まで契約できる?
  • 楽天モバイル2回線目を契約するときに事務手数料はかかる?
  • 他キャリアから乗り換えるとき、楽天モバイル2回線目の契約で「MNP転出手数料」はかかる?
  • 楽天モバイルを2台持ちすると、SPUでもらえる楽天ポイントは2倍になる?
  • 楽天モバイルを2回線契約していて、1回線目だけ楽天モバイルを解約できる?
  • 楽天モバイルの2回線目と1回線目を別の支払い方法にできる?

同一名義で2回線目以降は最大何回線まで契約できる?

同一名義、同一IDで最大5回線まで、楽天モバイルを契約できます。

同一名義の2回線目以降は、キャンペーンが適用外であり、データ使用量1GB未満でも1,078円かかるため、注意しましょう。

楽天モバイル2回線目を契約するときに事務手数料はかかる?

楽天モバイル2回線目以降を契約するときも、事務手数料は無料です。

スマホやSIMカードを購入するときの配送料もかかりません。

他社から乗り換えるとき、楽天モバイル2回線目の契約で「MNP転出手数料」はかかる?

他社から乗り換えて、電話番号をそのままにするためにMNPを取得するとき、3,000円ほどの手数料がかかっていました。

現在は、通信業界でMNP転出手数料が廃止されたため、MNPを無料で取得できます。

どんなタイミング、、また楽天モバイル2回線目においてもMNP転出手数料はかからないため、安心して他社から乗り換えることができます。

しかし、スマホの購入代金を分割払いにしている方は途中で解約すると残債を支払うことになるため注意しましょう。

特に、スマホの端末代が月々無料になっているようなキャンペーンを適用されている方は、解約とともにキャンペーンが外れ、料金が請求されることにもなるので注意が必要です。

楽天モバイルを2台持ちすると、SPUでもらえる楽天ポイントは2倍になる?

楽天モバイルの1回線目と2回線目の合計金額分の楽天ポイントをもらえます。

楽天ポイントは、100円につき1ポイント貯まるため、お得です。

さらに、クレジットカード支払いを選択している方は、貯まった楽天ポイントを、楽天モバイルの支払いにあてることも可能です。

楽天ポイントを使っても、支払い総額に対して楽天ポイントがまた貯まるため、お得です。

楽天モバイルを2回線契約していて、1回線目だけ楽天モバイルを解約できる?

楽天モバイルを2回線契約している場合、1回線目だけを解約することは可能です。

1回線目を解約した場合、解約した翌月から2回線目が1回線目になります。

1回線目を契約していて、2回線目を解約した場合は、1回線目は変わらずそのままとなります。

楽天モバイルの2回線目と1回線目を別の支払い方法にできる?

楽天モバイルは、それぞれの回線ごとに支払い方法を分けられます。

「my 楽天モバイル」から支払い方法を変更できます。

契約者の名義と、支払い方法の名義が異なっていても、問題ありません。

例えば、「家族で同一名義を契約していても、支払い方法はそれぞれの銀行口座」という設定にできます。

\ 基本料金0円で使えるのは2022年6月末まで! /

楽天モバイル公式サイトはこちら

まとめ

楽天モバイル2回線目は契約する名義によって、料金や適用されるキャンペーンが異なります。

同一名義で楽天モバイルの2回線目を契約すると、データ使用量1GB未満でも月額1,078円かかります。

また、1回線目のみに適用されるお得なキャンペーンの適用範囲外でもありますので、同一名義での2回線目はメリットが薄いといえるでしょう。

そのため、楽天モバイルの2回線目をお得に使いたい方は、別名義で契約するのがおすすめです。

楽天モバイルはクレジットカードの名義が契約名義と異なっていても契約できるので、支払いは自分にしつつ家族の名義を借りるなどで2回線目を契約するのも一つの手段です。

家族で楽天モバイルを利用したい方や、仕事とプライベートで使う携帯を分けたい人は、楽天モバイルを別名義で申し込んでみてください。

\ 基本料金0円で使えるのは2022年6月末まで! /

楽天モバイル公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA